坂東の米で醸す日本酒

 「秀緑」「将門」「勘助新田」など多くの銘柄と幅広い味で親しまれた大塚酒造は、世の嗜好の変化、人材確保など様々な理由が重なった結果、平成23年(2011年)に惜しまれつつも蔵を閉じることになりました。

 その後、様々な縁と熱い思いが集結し平成29年(2017年)2月に茨城県筑西市の来福酒造が、坂東市のお米と大塚酒造の製法を参考に新たな「秀緑」の醸造を開始しました。

日本酒秀緑・将門のトピックス

日本酒の販売

 大変ご好評いただいております「秀緑」「将門」ですが、お買い求めは坂東市内の酒販組合店までお願いいたします。詳しくは、<「秀緑」「将門」のご購入>のページをごらんください。
 一部銘柄を除き坂東市限定の販売となりますが、ぜひ茨城県坂東市の風景をご覧いただき、お手元の盃を傾けていただければ幸いです。

日本酒パンフ金入り

※お酒は20歳になってから