続・秀緑百物語「農道」


坂東市在住 女性 PN.MOMO

私が高校生の頃、兄が運転する車で野田方面へ出かけた時の帰りの話です。

兄とは仲が良く、よく一緒に買い物などに出掛けました。

少し日が暮れ始めたくらいの時間で、その日はいつも通らない農道を通って帰っていました。
細い道を運転していると、兄が急に何かをよけるように左にハンドルを切ったのです。

何も見えなかった私は「どうしたの?」と兄に聞くと「いや、今女の人見えたよな?」と言うではありまでんか!?

私はすぐに後ろを振り返りましたが、誰もいませんでしたし、私もずっと前を見ていましたが、何も見えませんでした・・・

兄はいったい何を見たのでしょう。


うーん、お兄さんには何が見えてたんだろうね?

・・・ないびぇ

え!?どうしたのアマビエちゃん?

こわいびぇ~、お化けなんていないびぇ~😖

自分だって似たようなモノだろうに・・・(遠い目)


続・秀緑百物語トップページへ

次の記事

続・秀緑百物語「座敷童」