明治初期から本酒蔵にて酒を造り始め、
平成23年5月、後継者不足から地元の酒蔵が廃業となり
銘柄酒「秀緑」がその永きにわたる歴史に幕を閉じました。
惜しまれつつ消えゆく歴史に、平成29年再び火が灯りました。
長年地元に愛された、「秀緑」。 当時の製法を再現。 
地元の米と、想いが醸した銘柄酒秀縁を
ぜひ、ご賞味ください。


まぼろしの酒~秀緑~の代名詞
純米吟醸 秀緑

えびす様がトレンドマークの「純米吟醸 秀緑」
この秀緑ブランドの為だけに栽培されている坂東市産の「美山錦」
100%使用した坂東の地酒です。
地元の酒蔵で使っていた秀緑の酵母菌を使い
現在は筑西市の造り酒屋来福酒造にて製造を行っております。
穏やかな香り、キレのよいすっきりしたのどごし。
飲みやすいお酒です。
各生産者の“おもい”の詰まった自慢の一品!
よく冷やしてお飲みください♪


掛米に坂東市産あきたこまちを使用した
特別純米 秀緑

グリーンのボトルが冴える「特別純米秀緑」
麹米に美山錦掛米にあきたこまちを使用したちょっと変わった日本酒です。
もちろんどちらのお米も坂東市産です。
こちらも、来福酒造にて製造しております。

麹米、掛米とは?

 米麹の元になる米を麹米と呼びます。蒸した麹米に麹菌を付着させ繁殖させたものが米麹です。
 米麹は、米のでんぷん質を糖に変えるはたらきがあります。でんぷん質が糖に変わることでアルコールが生み出されるため、麹米の質は日本酒全体の質に大きく影響します。
 日本酒造りで使われる米全量の約20%が、麹米として使用されます。


 掛米は、 醪(もろみ)を仕込む際に加える米のことを指します。蒸されて冷却後の掛米を、発酵中の醪の中に投入します。醪の中で溶けた掛米が、日本酒の原型になるのです。
 掛米には大量の米が必要で、日本酒造りで使うお米の約70%が掛米として使用されます。

こちらの 「特別純米秀緑」坂東市内限定販売となります。
特別純米秀緑は、季節事に数量限定
無濾過本生原酒、ひやおろしの販売を行っております。
お酒と共に移り行く季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?


こちらの他にも、季節限定商品の販売がございます。

◆秀緑シリーズ各種お求めは、坂東市内酒販店、秀緑お土産処にて。